シンプルな暮らしを目指す │ ナチュラルインテリア好きの主婦のブログ

目指すは洗練された必要最小限の物に囲まれたシンプルな暮らし。
断捨離から始めて、少しずつ生活の変化を感じ、無理せず頑張れるように奮闘中。
楽しむことをモットーにナチュラルインテリアが大好き団地住まい主婦が日々の出来事を綴っています。

タグ:オーガニックコスメ

こんにちは。

シンプルな暮らしを目指している
なおです。

花粉、
じわじわやってきてますね。

今年2017年、
西日本は昨年の2倍の花粉飛散予想らしく、
花粉症の方は悩ましい時期となりました。

幸い、
ここ何年か症状は落ち着いておりますが、
鼻水、目のかゆみよりも、
2~3月ごろに、
顔のかゆみが出てきて、
かくと傷になり、
頬のあたりに湿疹が広がり、
そりゃ、ひどいもんでした。

保湿を過剰に意識しすぎて、
花粉やほこりが肌にくっつき、
かゆさに負け、かくことで肌を傷つけ、
バリア機能が崩れてしまったんだろうと思います。

そこで、シンプルスキンケアに変更し、
オーガニックコスメの
「オラクル」を使い始めてから、
肌の状態はすごく落ち着いて、
花粉の季節でも、
肌荒れしない強い肌になってます。

オラクル化粧品は、
自分の肌力を引き出すことで、
強く美しい肌へと導いてくれるスキンケア。

私は化粧水を愛用中。
これだけでも十分肌は整います。
DSC_1621

時々送られてくるDMで、
実はお試しセットが買える時があって、 

パック、美容液、
目元美容液とナイトクリームが入ってるので、
それで十分なんです。
 
今回、またお葉書が届いたので、早速注文。

P3020697


特にオラクルの目元美容液は、
翌朝の目の下のくまのくすみが消えてたり、
ハリが戻ってきてるので、
気になる目元カバーに、
めちゃくちゃいいんです。

P3020706

本商品はお値段、
ちょっと高いんで、
お試しセットでカバー。

しっとり系なので、
1滴でかなりの伸びがあるから、
この量で私は十分。

決してもったいないからではありません(笑)

他の美容液もパック、ナイトクリームも、
どちらかと言えば全部しっとり系なので、
一度にフルで使うと、
重たくなります。

だから美容液を使った日は、
ナイトクリームはつけないでいます。

化粧水はさっぱり系で、
す~っと肌に入ってくれます。

そのあとモチモチ。

ほのかなローズの香りも癒されます。

そろそろ肌に栄養を与えたいと思った時に、
なぜかタイミングよく、
いつもDMが届いてくれるし、

今回、 卒業式や入学式を、
控えていた私には、
めちゃくちゃラッキーでした


今、オラクル化粧品、
この5つのスキンケアの他に、
クレンジングと洗顔が付いた7点のお試しセットが、
期間限定で1000円になってます。
(税別送料込)

こちらのサイト限定みたいなので、
良かったらどうぞ。

オラクル化粧品トライアルセット

 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


素肌きれいを目指すアンチエイジング 
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
素敵団地インテリア情報満載♪
↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへ

目指せシンプルライフ!





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...77
    このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

シンプルな暮らしを目指している
なおです。

レアルマドリードVS鹿島アントラーズの試合、
凄かったですよね~

柴崎選手がレアル相手に2ゴール。
かっこよかった

だけどロナウドも素敵

テレビの前で我が家は、 
大興奮していました。

個人的には背番号12のマルセロが好き。
足も速いし、左から上げるパスがうまい。

ってサッカー解説者かっって

鹿島は優勝はなりませんでしたが、
素晴らしい試合でした♪

☆☆☆ 

最近、旦那にきつ~い一言言われました。

「おまえ、しわ増えたな」


「絶句」です。


そりゃ、しわの一つや二つ、
増えますよと言いたいところですが、
やっぱりちゃんとするべきスキンケアは、
手抜きしちゃいけないって思いました。

今年の10月で誕生日を迎え、
そろそろアラフォーからアラフィフ。
だけど女性としては、
1才でも若く見られたいですからね。
(精神年齢は今でも20代)

とはいえ、
もう今更20代、30代の肌には戻れませんが、
これ以上もうしわを増やさないような予防。

はっきりいって、化粧水なんてもの、
1週間に2~3回くらいしかつけてなかったかも?

やばい

しっかり保湿と乾燥予防。
シミ対策。

そこで以前購入していた琉白の化粧水をつけることに。
55

乾燥が気になるので、
さっぱりタイプのオラクル化粧品から、
この時期は琉白に変更。

少しとろみがあるタイプですが、
浸透力がすごくって、
ス~って入り込んでくれます。

それでいて付けた後はさっぱりして、
ツルツルしてくるんです。

オラクル化粧品と同様、
強い肌を育ててくれるオーガニックスキンケア。

月桃のエキスは沖縄のハーブ。
ニオイもきつくなく、すごくなじみます。

肌のキメも整えてくれるし、
何より翌朝の肌質がもっちりしてるのには、
毎日びっくりしてます。

このローション一本だけしか使ってないけど、
ツッパリ感もないし、ベタベタ感もなく、
なのにしっかりと保湿力があるです。

冬は乾燥が気になる季節。
さっぱり感を求めつつも、保湿も少しは欲しい。
そんな人にピッタリだと思います。


そんな琉白のローション、
残り少なくなったので注文しようと思ったら、
なんと、欠品中

2月まで入荷がないそうで・・・・
どうしましょ・・・

オラクル化粧水に戻そうか。

1日も早く、旦那に、
「お、ちょっとしわ減ったな」と、
言わせたい
 

 

みなさんが使ってるオーガニックコスメ情報
↓↓



 ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

素敵団地インテリア情報満載♪
↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへ

目指せシンプルライフ!




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...77
    このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

シンプルな暮らしを目指している
なおです。

気温もぐんぐん上昇してきて、
昼間、お天気がいい日は、
じんわり汗をかいてます。

季節の変わり目、
冬から春になる頃、
肌が乾燥し、
ひきつったようになってたので、
ちょっとだけ試しに、
別のスキンケアを使ってみました。
普段は、
オラクル化粧水と美容液を使っていて、
さっぱりタイプが好みの私は、
化粧水ではちょっと物足りない、
頬の部分や法令線予防に、
美容液を使っていたのですが、
ちょうどなくなったので、
以前から気になっていた商品に、
浮気しちゃたのです(笑)

それは「琉白」という、
月桃を使ったオーガニックコスメ。
以前お試しセットを購入して、
割と使い心地もよかったので、
本商品のローションを買いました。
04-1

この琉白のローションは、
化粧水なのにとろみがあり、
オラクルの化粧水とは違い、
割としっとり系。

だから、化粧水を使わずに、
乾燥が気になるこの時期だけ、
使ってみることにしたのです。

この琉白も、オラクル化粧品同様、
「自らの肌力を引出し、強く美しい肌へ」という、
コンセプトのスキンケアです。

大きな違いは、
私は「香り」「とろみ」だと思います。

オラクル化粧品は、
ローズの香りがして、気になる方も多いはず。
個人的には、この香りが好きで愛用してるんですけどね。

琉白は、
あまり気になる香りがしません。

そして「とろみ」。

ちょっと表現が難しいのですが、
オラクル化粧品は、
カカオ脂やホホバ種子油が成分に入っているためか、
使う量により、濃厚さというか、
若干べたつきや重さがあるんですね。

ですが、
琉白は海ブドウ、月桃、タイムなどの、
ハーブを使っているので、
しっかりととろみがあるのに、
さっぱりしているのです。

なので私の肌には、
美容液の代わりに、
ローションでも、
十分保湿効果があったんですね。

お陰様で、
今も肌の状態はいいです。

そうそう、
自分の肌に合ったスキンケアに出会うってこと、
ないですからね。

季節の変わり目や乾燥が気になる時期に、
活躍してくれた琉白。

これからの時期は、
保湿よりもさっぱり感を求めてしまうので、
オラクル化粧品に戻りますが、
54-2


どちらも、
国産のオーガニックコスメで、
もちろん無添加、自然の植物の力で、
肌をいたわり、包み込んで、
肌力を引き出すというスキンケアは、
オラクル化粧品も琉白も、
私の肌にはぴったりでした。

どちらもお試しセットがありますので、
オーガニックのよさ、
実感してみて下さい。 

トラコミュ
オーガニックコスメ大好き!
トラコミュ
*:+。口コミ人気コスメ・スキンケア。+:*

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
 
素敵団地インテリア情報満載♪
↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへ

目指せシンプルライフ!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...77
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ