こんにちは。

シンプルな暮らしを目指している
なおです。

20年住んだ団地。

明け渡しの日、
三女と一緒に、
最後の片付けして、
係の人を待ってました。


ダイニング


何にもない家。

がら~んとした部屋みて、
「こんなに広かったんやな~」
「今までどれだけ荷物置いてたん」
「片付けしなさすぎ」
と三女が言ってました。

確かに物は多すぎました。

そのため、
掃除も行き届いてなくて、
あっちこっち傷みも激しく、
団地特有の湿気に、
壁がカビにやられてめくれてました。

また食器棚をどかしたら、
「ぎゃ~」と声が出るほど。
相当、カビ胞子が飛んでたなと思います。

公営団地でも、
退去するときには、
修繕費として、
お金を支払うようになってます。

敷金から引いてくれると思ったら、
明け渡し日にチェックして、
現金払い。

ふすまや壁紙、
結構なお値段取られるみたいだから、
必死で汚れを落とし、
はがれた壁紙をボンドで補修。

それでも20年間浸み込んでたものは、
なかなかとれるものではありません。

キッチン②

キッチンの戸棚の戸は、
外して押し入れの天袋に保管してたら、
見事にカビにやられてたんで、
余ってた壁紙を貼りました。
見栄えはよくなったかな。

和室真ん中


子供部屋にしてた部屋は、
絨毯を引いてベットを置いていたんで、
畳にシミがついてました。

ゴシゴシこすったら、
イ草がボロボロ取れてきたんで、
これ以上は諦めました。

旦那の部屋だった、北側の和室。

ここが一番ひどかったです。

日当たりが悪かったせいか、
お見せできないほどのカビ、
たばこのヤニで黄色に変色。
よくここで寝てたなと。

それを感じ取ったのか、
実家に帰ってきてから、
部屋でタバコを吸わずに、
外で吸うようになってます(笑)


もうここまでしかできん、
というところまで、
時間ぎりぎり頑張りました。

それで約束の時間になって、
係の人が来て家にはいってくるなり、
「あ、壁紙とかのカビは、
もう団地特有の消耗なんで仕方ありませんから」

と言って、
ふすまと畳だけチェックしてました。

「え?必死で補修したのに」と思いながらも、
少し安心。

やはり子供部屋の畳は張替、
ふすまの破れと汚れが3か所あって、
その修理代、
あと、
お風呂のガス釜は、
基本取り外す前提らしく、
だけど私たちではできない処理なんで、
撤去費用代、

すべて合わせて
約15000円になりました。

正直、もっと必要だと思ってたんで、
ありがたかったです。

入居時に支払った敷金は、
全額返ってくる予定ですが、
振り込みは2か月先になるそうな。

まあ、県営住宅なんで、
手続きに時間がかかるのでしょう。

でも待ちますよ。はい。

係の人に鍵を返して、
「それではこれで明け渡し完了です」
「私がカギを閉めて帰ります」

あ~ほんとにさよならなんだね。
20年住んでたこの家。
次女と三女は産まれて帰ってきた家。


キッチン

今までありがとう。
お世話になりました。

その2日後、
郵便の転送を忘れてたから、
ポストを見に行ったら、
ガムテープを貼られてました。

そりゃ、そうだわね。

これからは、
お墓参りに行くときに、
前を通るので、
団地がなくならない限り、
見ることはできます。

古い団地だったけど、
満室だったんです。

また次の新しい人が入って、
いい家になりますように。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

目指せシンプルライフ!




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...77